杉並合気会
会について 入会案内 稽古日程 行事日程 掲示板

会について


杉並合気会は1987年4月に創立され、「和」を尊び、楽しく、明るく、健康にをモットーに稽古する合気道同好団体です。
月10回程度の稽古のほか、杉並区体育協会に加盟しており、年1回の杉並区主催のスポーツレクリエーション大会の一環である「合気道演武大会」の主管団体でもあります。

歴史


昭和50年代後半に、加藤 弘 師範を指導者とする同好会が高円寺体育館にて発足。
昭和62年4月に、合気会の支部道場として杉並合気会が発足。
平成3年4月より、道場を荻窪体育館に移す。
平成4年5月に、杉並区体育協会に加盟。
平成24年12月2日加藤 弘 師範 ご逝去。

概要


名称 杉並合気会
創立者 加藤 弘 師範 合気道八段
昭和29年より合気会・本部道場に所属

→加藤 師範近影
→八段位賞
→インタビュー記事:師範の横顔

指導者 大島 啓義 師範 合気道七段

→大島 師範近影

所属 公益財団法人合気会(植芝 守央 道主)本部道場認定支部道場

→公益財団法人合気会 □

道場 杉並区 荻窪体育館 武道場 (160畳)
郵便番号167-0051 杉並区荻窪3-47-2
杉並区 大宮前体育館 武道場
郵便番号 167-0052 南荻窪2丁目1番1号
(その他杉並区スポーツ施設、集会施設を利用)

→合気道新聞記事:道場を訪ねて

稽古日 週2〜3回 土曜、日曜、祝日
成人クラス 1回2時間 子供クラス 1回1時間 その他自主稽古

→稽古日程

会員数 国内約 150名 (海外関連道場 アメリカ・メキシコ・オランダ・インドネシアなど約 300名)
会員構成 小学生から高齢者まで
運営方法 指導者およびスタッフによるボランタリーにより運営
指導方針 開祖の教え「和を尊ぶ」
楽しく、明るく、仲良く、健康に
自己研鑽 稽古はあくまで本人次第
特長 和気あいあい
国際色豊か。海外兄弟道場との交流が活発
地域との交流
行事 合気会の行事への参加、総会、審査、特別稽古、山稽古、親睦会、区主催の行事への参加、忘年会、納会、越年登山
平成26年1月現在

東急スポーツオアシス


東急スポーツオアシス武蔵小金井店でも指導しています。スケジュールの詳細に関しては下記のサイトをご覧ください。

→レッスンスケジュール□

入会案内


入会をご検討の方は、下記の入会案内をご覧ください。

→入会案内


問い合わせ リンク ページ先頭へ